元気に咲いてます、アンティーケ・コルダーナ

雨が続いて日照不足ですが、
アンティーケ・コルダーナは元気にしっかり咲いてくれています。

antk20200715.jpeg

分け植えした5鉢のうちの2鉢を寄せて撮りました。

アンティーケって優しい色合いのお花なのですが、
花首が太くて、花弁も厚めですね。

どちらかといえばスラっとしているお花が好きなのですが、
アンティーケはしっかりしている分、
お花の姿がなかなか崩れないという強さを感じます。


ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*

咲いてもらった、ラヴィングタッチ

秋までお花に会えないのはさみしくて、
ラヴィングタッチ(ラビングタッチ)に開花してもらいました。

この品種は私が初めて育てたミニバラで、
今も最も好きなミニバラのひとつです。

lt20200702.JPG
lt20200703.JPG
lt20200703_2.JPG

最近はあまり流通しているのを見かけないように思います。

ベランダでハダニが発生していて場所を移したのですが、
シュートが出ていなくて、あまりいい状態ではないです。

暑い夏を乗り越えて、なんとか充実してほしいです。


ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*

シュート! グリーンアイスとリトルアーティスト

花がら摘みしたグリーンアイスが生長モードに入ってくれて、
シュートが複数伸びてきました。

gi20200629.jpeg

こちらも期待できそうなリトルアーティスト。
この品種、なんと2002年に購入したと思います。
この春も少しだけ咲いてくれていましたが、
枝の更新ができていないので、
植え替えを強行。

la20200629.jpeg

挿し木苗で老木って、
だんだん株元の面積が大きくなってくるのですが、
仕方ないのでしょうか…

(7/2追記)
わかりにくかったですね。
la20200701.jpg

株元は木質になっていて、そのまわりからシュートが出るので、
オレンジ色の○で囲った部分の面積が大きくなっているのです。

来年以降に新しいシュートが出てくれる場合、
さらにこの外側から出るのではないか、と。
真ん中から出てきてくれることもあるのかしら…

説明が下手でごめんなさい。


ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*

育て方を模索中、モカ

5月にわが家にやってきたモカ
お花が終わったあと、根鉢を崩さずに鉢増ししました。
分けて植えるのはこの時期には困難だと判断。

となると、もっと早くにやさしく鉢増しておけばよかった。
小さめの鉢でしたので。

茶系のバラは秋のお花が楽しみだから生育させたい!と思って、
その後あがってきた蕾はかなり摘んでいました。
でも、気づかずにわりと大きな蕾になっていたものは、
少し咲いてもらおうと思い、かわいいお花に再会。

mocha20200625.jpeg

mocha20200627.jpeg


さて、ミニバラ育ててる歴がかなり長いのに今さら恥ずかしいのですが、
「あれ? ベーサルシュートの蕾って咲かせていいんだっけ? ピンチするんだっけ?」
と迷ってしまい、ネット検索。
ミニバラの情報ではないけれど、どちらのやり方もあるみたい。

持っているバラの本では、ピンチを勧めています。
こまめに観察して、シュートの先端に蕾が見え始めたタイミングでピンチするとのこと。
シュートの生育を促すため。

上の画像2枚目の左上の方にシュートが伸びているのですが、
蕾が大きくなってきてしまってます。
でも、このまま咲かせるよりは省エネになるか(?)と、
このあとピンチしました。

ミニバラ育てのエキスパートになる日は遠い……

ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*

清楚な美しさをありがとう、グリーンアイス

枝があちこち向いて伸びていますが、
グリーンアイスの美しさを今回の開花でも確認。

gi20200610.jpeg

gi20200611.jpeg

淡いピンクを帯びたアイボリー~ホワイト~淡いグリーン、
という色の移り変わりや、
このサイズでこの造形、
光沢のある葉の緑、
見とれます。

あ、花弁にシミがあるのは、
薬剤をかけちゃったためだと思います((+_+))
これからは気を付けます…

ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*