まだまだこれから!

3-4月が寒かったとはいえ、蕾が見つけられるようになってから開花までが長いじゃない!?ってそれは私の自分勝手な予測でした。。。
かな~り遅れて迷いつつ剪定を行った人に「まだ咲かないの?」と思う資格はありませんね(・_・!)。
元気な蕾をながめられれば幸せ♪ ポール・アルフ(シュラブ)、白万重などです。
画像


陽の当たりにくい花壇周辺では鳴子百合と、お近くのコバノランタナが白い小さなお花チーム。
画像画像


玄関まわりでした。。。(エカキムシ発生中(-_-;)。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • Hirokazu

    >かな~り遅れて迷いつつ剪定を行った人

    はーい!ワタシでーす!
    ..と、思わず返事がしたくなるぐらい耳が痛いです...

    「白い小さなお花チーム」いいですね。
    鳴子百合って知らなかった(そーいうのが多いなあ)けど、なんかカワイイ花ですねー。
    どのくらいの期間咲くのですか?
    2007年05月02日 21:07
  • owl

    おはようございます。
    まだまだですよね、そうそうと思わず同意。
    今朝、バラ開花一番のりでアンナ・マリーが開いてましたよ。毎年ちゃんと開いてくれて嬉しいものです。

    ナルコユリあるんですね!いいなあ、シェードに欲しい一品です。
    2007年05月03日 09:41
  • ゆり@バラで幸せ時間

    Hirokazuさん、こんばんは♪
    剪定の時期や度合いの判断が株にとって最も良いものでなくても咲いてくれるのには、ホントに感謝の気持ちですね!
    鳴子百合の花期はかなり期間が短いですが、葉だけでも美しいです~。
    2007年05月03日 22:46
  • ゆり@バラで幸せ時間

    owlさん、こんばんは♪
    今日のぽかぽか陽気でかなり動き始めたかな~^^。
    アンナ・マリーは「いつも」欲しいと気にしつつ「いつか」と思っている品種です。
    owlさんのベランダで毎年の定番なのですね。
    旧アルバできれいに咲いていた記憶があります。
    鳴子百合、元気にニョキニョキ毎年春に出てきてくれるのは嬉しいのですが、元気すぎて拍子抜けの感もありです(^_^!)。
    2007年05月03日 22:54
  • a-bientot

    これからこれからですよ。今、うちはうどん粉病と日々戦っています。一本一季咲きの紫の大輪のバラがうどん粉病にかかりやすいため他に移るのです。戦いはしばらく続きます。家はテンデベスがまず咲き始めましたよ。咲くのを楽しみに待ってくださーいね(*^-゚)vィェィ♪
    2007年05月04日 00:07
  • ゆり@バラで幸せ時間

    a-bientotさん、こんばんは♪
    お花が楽しみだけれど、品種によってはうどんこ病が!というのは私も同じです。
    デンティベスの姿と香り、素敵ですよね~。
    2007年05月04日 19:23

この記事へのトラックバック