ラヴィングタッチと、モカとスイートチャリオット

ラヴィングタッチのアプリコット色の花弁が少し見えてきました。 この細長い蕾の形は特徴的です。 あっという間に咲いてしまいそう。 A9C6C908-296E-4016-96E4-7FC3B9A2E99B.jpeg モカは購入時の2株植えを2月に分けて、 大きめの株を6号鉢に植えました。 5A7BE603-1384-4F72-9B2E-AEC6E2994F0B.jpeg そして、小さめの方はスイートチャリオットとのミックス植えです。 こちらも6号鉢で、左側がモカ、右側がスイートチャリオット。 なんとか同時に咲いてくれるかな… 08DB49F9-31D8-4027-8F1A-FDAFC5ABCB9E.jpeg ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 06:53Comment(0)

昨年の春以降に増えたミニバラ

2020年春のステイ・ホームをきっかけとしてミニバラ熱が再燃したのですが、 増やしてしまったミニバラを挙げてみると、 パフューマ・コルダーナ アンティーケ・コルダーナ モカ スイートチャリオット セントラルソフィーナ ベンムーン アイムーン 7品種です。 分け植えしたい派なので、作業を経て15鉢になっています! 古株もあるし、新苗も注文しているし、 よほどのことがない限りもう増やせません。 よほど…と付けてしまうあたり意志の弱さが出てますが。 すべてのミニバラを1鉢1株植えにすると大変な数になると考えて、 分けながら少し株間をあけての2株植えも取り入れています。 ↓モカとスイートチャリオットの2株植えです。 同時に開花するといいなぁ。 moka_scha20210316.jpg モカを分けた時に根が絡みすぎていて心配でしたが、 その後元気に芽を出してくれました! 複数の挿し木苗で売られているミニバラを育て続ける方法は 悩ましいですね… そういえば、クリスマスローズ植え替え時の根ほぐし用に ナイロン製たこ焼きピックを100円ショップで買いました。 それをミニバラを分けるのに使ってみたら、 なかなか良い感じでした。 絡んでいる根の部分にピックを挿した状態でやさしく揺らすと、 すこしずつ土が落ちてくれるのです。 これからも活用したいです。 あ、増やさないなら分け植え作業ないのか(笑) 最近使っているものの記録; 花三昧(用土) 赤玉土 マグァンプK中粒 驚くほど根がぐんぐん伸びる素 バイオゴールドバイタル バイオゴールドセレクション薔薇 ベニカXガード粒剤 すべてのアイテムを必ずというわけではなく、 気まぐれです。 流通しているミニバラの多くは品種名がわからない状態です。 名前がわかって愛着を持ってミニバラを育てられるよう、 #ミニバラにラベルを が願いです。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 22:24Comment(2)