ソワレは今2輪目です

今年のバラシーズンのトップバッターはやはりソワレでした。 最初のお花は咲き進みをものすごく観察してしまいますね。 2828E5AB-C237-4B67-830C-31FC423BA2FB.jpeg この株は16歳なのですが、株は好調とはいえず、 2輪目までが低めの位置で咲き、続く蕾は節間が広くなってしまっています。 60C71551-AF65-4BAF-B4FD-62707296EC1D.jpeg 私が水をあげすぎなのか、先日までの高温のせいなのか、 はたまた老木で株に力がないのか… 一番花が終わったら休ませて秋に備えようかしら。 様子を見て考えます。 とにかく、この春咲いてくれてありがとう。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 18:00Comment(0)

今年のバラシーズンは4月?

春のバラシーズンといえば5月だと思ってきましたが、 今年は4月後半に最盛期が来てしまうかもしれません(地域は東京です)。 ミニバラの中では樹高が高いパフューマ・コルダーナ(コルダナ)も かなり準備が整ってきています! 12B32B35-DFA2-4574-8ADD-AB6A9E4A6CC8.jpeg トップバッターはソワレかな。 花弁が見え始めました。 999462AD-4664-45D8-AC49-F4CC574593E7.jpeg 昨年のこの時期はまだミニバラモードに戻っていなくて、 冬の作業もできていませんでした。 今年は日ごとに成長していくミニバラ、バラたちをながめられて ワクワク感をとても楽しんでいます。 流通しているミニバラの多くは品種名がわからない状態です。 名前がわかって愛着を持ってミニバラを育てられるよう、 #ミニバラにラベルを が願いです。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 18:00Comment(0)

昨年の春以降に増えたミニバラ

2020年春のステイ・ホームをきっかけとしてミニバラ熱が再燃したのですが、 増やしてしまったミニバラを挙げてみると、 パフューマ・コルダーナ アンティーケ・コルダーナ モカ スイートチャリオット セントラルソフィーナ ベンムーン アイムーン 7品種です。 分け植えしたい派なので、作業を経て15鉢になっています! 古株もあるし、新苗も注文しているし、 よほどのことがない限りもう増やせません。 よほど…と付けてしまうあたり意志の弱さが出てますが。 すべてのミニバラを1鉢1株植えにすると大変な数になると考えて、 分けながら少し株間をあけての2株植えも取り入れています。 ↓モカとスイートチャリオットの2株植えです。 同時に開花するといいなぁ。 moka_scha20210316.jpg モカを分けた時に根が絡みすぎていて心配でしたが、 その後元気に芽を出してくれました! 複数の挿し木苗で売られているミニバラを育て続ける方法は 悩ましいですね… そういえば、クリスマスローズ植え替え時の根ほぐし用に ナイロン製たこ焼きピックを100円ショップで買いました。 それをミニバラを分けるのに使ってみたら、 なかなか良い感じでした。 絡んでいる根の部分にピックを挿した状態でやさしく揺らすと、 すこしずつ土が落ちてくれるのです。 これからも活用したいです。 あ、増やさないなら分け植え作業ないのか(笑) 最近使っているものの記録; 花三昧(用土) 赤玉土 マグァンプK中粒 驚くほど根がぐんぐん伸びる素 バイオゴールドバイタル バイオゴールドセレクション薔薇 ベニカXガード粒剤 すべてのアイテムを必ずというわけではなく、 気まぐれです。 流通しているミニバラの多くは品種名がわからない状態です。 名前がわかって愛着を持ってミニバラを育てられるよう、 #ミニバラにラベルを が願いです。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 22:24Comment(2)

根洗いするつもりなかったのに……モカ

ブログがかなり久しぶりになってしまってごめんなさい! 秋から冬にかけて、探していた数品種を迎えられたので、 春の動きが出てきてまたアップできたらと思います。 最近作業したのはモカです。 昨年6月に根鉢を崩さず鉢増しした時の記事はこちら。 挿し木が複数だろうということで、冬に分けて植え直そうという計画を実行に。 なんとこれが、これまで経験した挿し木苗分けの中で最も大変でした!!! 入手した時点で、4号鉢にかなりの枝数、蕾数だったのですが、 その地上部は想像以上にしっかりした根の為せる技だったのかもしれません。 根が複雑に絡まり合っていてまったく分けるのが進まないので、 バケツの水の中に入れてほどこうとしましたが、 水の中でも本当に難しかった…… moka20210219.jpg 立派な2本の挿し木苗だったのですが、 上部の太めの根が下に伸びずに上の方でまわって、 苗2本の根ががっちり抱き合っている状態でした。 もう後戻りもできず、かなり細い根が切れてしまいながらの分離となりました。 根を傷つけないようにというのは心がけてはいたけれど、 ほぼ無理でした。 太めの根が下に伸びなかったのは、入手した時の鉢が4号で小さかったからでしょうか。 お花が終わってからではなく、すぐに鉢増ししたらもう少しマシだった?? いや、ここまで分けにくいならきっと最初からわりと絡まっていたような気がします。 全体のまとまりがいいように束ねて植えられていた感じです。 挿し木苗を分けるかどうかは永遠の課題です… 2本を分離した後は、バイオゴールドバイタル(希釈)に1時間ほどつけて 別々の鉢に植え付けました。 今はただ、無事に回復してのびのび育ってくれることを願っています。 このタイミングで分けなければどんどん分けるのが難しくなっていくと思うので、 経過が順調であれば後悔しないのですが、あぁ心配。 モカのように品種名がわかるように販売されているミニバラは少数です。 愛着を持ってミニバラを育てられるよう、 #ミニバラにラベルを が願いです。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 21:54Comment(4)

真夏のナポリ・フォーエバー

8月上旬のお花です。 napf20200807.jpeg napf20200809.jpeg この品種も、この春にようやく久しぶりの植え替えをしました。 いつから育てていたかなぁ、とブログを検索してみたところ、 2005年7月の記事に登場していました。 はぁぁ、すっごく昔ですね~ 輸入の挿し木苗を購入したような… 秋のお花はこんな感じでした。 2008年秋のお花です。 今年の秋のお花も楽しみにしよう♪ ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 20:57Comment(2)

久しぶりのお花、レオニーラメッシュ

ポリアンサローズのレオニーラメッシュ。 買い直していないと思うので、 おそらく2002年からベランダにいてくれたはず。 何年も植え替えていなくて、 ようやく今年、春になってから。 咲いてくれました。 ll20200722.jpg ll20200722_2.jpg 房咲きになるのは来春かな… ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 12:34Comment(2)

元気に咲いてます、アンティーケ・コルダーナ

雨が続いて日照不足ですが、 アンティーケ・コルダーナは元気にしっかり咲いてくれています。 antk20200715.jpeg 分け植えした5鉢のうちの2鉢を寄せて撮りました。 アンティーケって優しい色合いのお花なのですが、 花首が太くて、花弁も厚めですね。 どちらかといえばスラっとしているお花が好きなのですが、 アンティーケはしっかりしている分、 お花の姿がなかなか崩れないという強さを感じます。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 21:26Comment(2)

咲いてもらった、ラヴィングタッチ

秋までお花に会えないのはさみしくて、 ラヴィングタッチ(ラビングタッチ)に開花してもらいました。 この品種は私が初めて育てたミニバラで、 今も最も好きなミニバラのひとつです。 lt20200702.JPG lt20200703.JPG lt20200703_2.JPG 最近はあまり流通しているのを見かけないように思います。 ベランダでハダニが発生していて場所を移したのですが、 シュートが出ていなくて、あまりいい状態ではないです。 暑い夏を乗り越えて、なんとか充実してほしいです。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 13:08Comment(2)

シュート! グリーンアイスとリトルアーティスト

花がら摘みしたグリーンアイスが生長モードに入ってくれて、 シュートが複数伸びてきました。 gi20200629.jpeg こちらも期待できそうなリトルアーティスト。 この品種、なんと2002年に購入したと思います。 この春も少しだけ咲いてくれていましたが、 枝の更新ができていないので、 植え替えを強行。 la20200629.jpeg 挿し木苗で老木って、 だんだん株元の面積が大きくなってくるのですが、 仕方ないのでしょうか… (7/2追記) わかりにくかったですね。 la20200701.jpg 株元は木質になっていて、そのまわりからシュートが出るので、 オレンジ色の○で囲った部分の面積が大きくなっているのです。 来年以降に新しいシュートが出てくれる場合、 さらにこの外側から出るのではないか、と。 真ん中から出てきてくれることもあるのかしら… 説明が下手でごめんなさい。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 18:12Comment(2)

育て方を模索中、モカ

5月にわが家にやってきたモカ。 お花が終わったあと、根鉢を崩さずに鉢増ししました。 分けて植えるのはこの時期には困難だと判断。 となると、もっと早くにやさしく鉢増しておけばよかった。 小さめの鉢でしたので。 茶系のバラは秋のお花が楽しみだから生育させたい!と思って、 その後あがってきた蕾はかなり摘んでいました。 でも、気づかずにわりと大きな蕾になっていたものは、 少し咲いてもらおうと思い、かわいいお花に再会。 mocha20200625.jpeg mocha20200627.jpeg さて、ミニバラ育ててる歴がかなり長いのに今さら恥ずかしいのですが、 「あれ? ベーサルシュートの蕾って咲かせていいんだっけ? ピンチするんだっけ?」 と迷ってしまい、ネット検索。 ミニバラの情報ではないけれど、どちらのやり方もあるみたい。 持っているバラの本では、ピンチを勧めています。 こまめに観察して、シュートの先端に蕾が見え始めたタイミングでピンチするとのこと。 シュートの生育を促すため。 上の画像2枚目の左上の方にシュートが伸びているのですが、 蕾が大きくなってきてしまってます。 でも、このまま咲かせるよりは省エネになるか(?)と、 このあとピンチしました。 ミニバラ育てのエキスパートになる日は遠い…… ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 23:43Comment(2)

清楚な美しさをありがとう、グリーンアイス

枝があちこち向いて伸びていますが、 グリーンアイスの美しさを今回の開花でも確認。 gi20200610.jpeg gi20200611.jpeg 淡いピンクを帯びたアイボリー~ホワイト~淡いグリーン、 という色の移り変わりや、 このサイズでこの造形、 光沢のある葉の緑、 見とれます。 あ、花弁にシミがあるのは、 薬剤をかけちゃったためだと思います((+_+)) これからは気を付けます… ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 00:00Comment(0)

おそらく、パフューマ・コルダーナ

買い物に行くときには、近所のお花屋さんが気になってしまうようになり、 先月連れ帰ったのはこのミニバラです。 image0 (2).jpeg 美しい~ でも、葉っぱを見ると結構穴が… image1 (2).jpeg 店先で葉の裏を見たら、穴をあけた方々がいらっしゃいました。 私の想像では、3号か3.5号のポットで入荷した時のお花が終わって、 発育旺盛のため高さが出てお店で鉢増しされた状態。 葉の穴のせいか、なんと150円。 家に帰ってから、テープで葉裏の虫さんたちを取り除きました。 コルダーナ・シリーズのラベルはあったのでヒントになり、 パフューマ(パヒューマ)かなぁと。 翌日、香りが確かめられて、私の中ではパフューマに決定。 image2.jpeg 房咲きの蕾も咲き終わり、植え替えました。 すごく伸びるのが速い。 もしかして、強く剪定する方がシュートが出るのかな、 とか考えながらも決めきれず、中くらいの剪定をしました… ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 11:38Comment(2)

グラデーションを楽しむ、モカ

友人おすすめのミニバラを私も今月入手して、 その姿に自然と笑みが…。 モカです。 この時期、咲き進みが早いだけに、 複数のお花が咲いていると グラデーションが楽しめます。 IMG_2532.JPG 開きかけの1輪でもグラデーション。 IMG_2533.JPG お花が終わったら植え替えます。 その時、挿し木が複数だと確認できたら分けて植えたい。 でも、ずいぶんと気温が高くなってきたから心配だなぁ。 アンティーケ・コルダーナを分け植えした画像です。 IMG_2517.jpg 先月下旬に購入した時には、 たしか後列中央の鉢にすべて植えられていたんですよね。 条件がいい時に分けて植えれば、 株元に光があたってシュートが出やすくなる気がしています。 でも、条件のいい5月はもうすぐ終わってしまう…。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 18:03Comment(2)

おそらく、アンティーケ・コルダーナ

ステイホームが続いて4月に気温が上がってきて、 これまで行き届かなかった植物の植え替えがやりたくなりました。 そうなると、近くの商店街に食料品を買いに行っても、 お花屋さんの前を通りたくなってしまいます。 ミニバラ発見。 お店に来てから少し日にちが経っているようで、お花は2輪だけ。 KORDANAのラベルあり。 IMG_2515.JPG 出会ったらもう決めてしまいました。 おそらく、以前育てたことのあるアンティーケかと思います。 IMG_2272.jpg ところで、品種名はアンティーケなのか、アンティークなのか。 生産者さんのサイトでアンティーケ・コルダーナとあるので、 私はそう呼ぶことにします。 http://www.katch.ne.jp/~sugi62/antike%20kordana.html ちなみに、Antique Kordanaで検索すると、 赤系のミニバラが出てきますね。 こことか。 https://www.rosen.de/distributors/pot-roses/kordana/pot-size/pot-size-10-5-cm/antique-kordana 2輪のお花が終わって植え替えする時に、挿し木苗を分けて植えたら、 5鉢になってしまいました。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 00:48Comment(2)

夏のヴィオルナ系

8月中旬としては過ごしやすい気温ですが、何だか不思議な天候のまま秋に移っていくようですね。 数ヶ月間途切れることなく咲いてくれているのが、クレマチスのバーシーカラーとクリスパです。
画像
画像
そして、色付いてきたのが不動さんです。
画像
昨年もそうだったのですが6月には咲いてくれず、あきらめて切り戻してから夏に咲いてくれるのです。 鉢が小さいのかな、狭くてごめんね。 5月に咲いたミニバラの画像をすっかりアップしそびれ3ヶ月も経ってしまいましたが、小さく貼らせてください(-_-;)。 デスクトップに画像を置きっぱなしでした~。
画像画像画像画像画像

魅力的な品種です~ロマンスグレー

アップしそびれていた画像をと思っていたのですが、現在ロマンスグレー(Mini)に魅了されているので先に記事にします!
画像
画像
2枚とも本日の画像(同じ株で別のお花)です。 白っぽいけれどベージュグレーを帯びていて、こういう色は秋に美しいと決めつけていたのですが、春の力を秘めた花弁の重なり具合との組み合わせですっかり心ときめいています(^_^!)。 この品種は昨年春に新苗で購入したので本格的な春の開花ははじめてです。 慣れ親しんでいない品種にドキッとさせられるのもいいですね! 毎年最低1品種増やすことになりますけれど・・・(・_・;)。

買ってしまった~(^_^!)

最近の私は、「育てて下さる方募集」とか「増やさない」とかブログに書いてきました。 現在育てている中でもこのミニバラは今度どなたかにお譲りしようと考えているものがあります。 その状態は今も変わらないはずだったのに。。。 昨日、園芸と関係のない買い物をした後、今は何があるのかな~とお花屋さんをのぞきましたら、気になるミニバラを発見してしまいました! 画像が暗めですが、愛安ローズさんのペパーミント・コルダナとベンムーンです。
画像
愛安ローズさんのミニバラと出会うことは私の地域では少ないので、「きゃー、出会ってしまった」と思いました。 ペパーミントはこれまで2度輸入苗を育てましたが、どちらも枯らしてしまいました。 ベンムーンは香りが良く色も姿も美しい品種なのですが、なぜか友人知人に譲ってしまい、「あのときなぜ手放してしまったんだろう?」と時々思い返していた品種です。 ペパーミントの葉はすでに過去に経験済みの黄変が出ていますが、もう一度トライしてみます(^_-)☆ 本当は、一緒に売っていたバービー・コルダナとペパーミントもう1鉢を買おうとしていた私でしたが、何とかこらえました。 ミニバラ好き魂はくすぶり続けているようです(^^ゞ。

今の時期のかわいらしさ

そろそろミニバラのお花もお休みに入るのですが、そんな中で咲いているプリンセスマザーです。(ミニバラと書きましたがポリアンサですね。)
画像
もう1週間くらい咲いていると思うのですが、花弁多め・この時期のきれいな発色・うつむき加減、などが気に入っています。 同じ株のお花でもこちらはちょっと勢いよすぎる感じ。。。
画像
先月末、春に向けて何とか少しだけ球根を植えました。 ホームセンター1カ所にしか行けずあまり選ぶ余地がなかったのですが、何年か前から気になっていたフリチラリアを見つけて植えてみました。 メレアグリスとミカエロブスキーという品種です。 開花までいってほしい~。 他に雰囲気のガラッと違うチューリップ・クリスピオンスイートを。 ちょっと検索したらパッケージのイメージよりさらに派手派手かもしれません(^_^!)。 まぁ、開花は春なのでその時の気分は予想できませんし、水遣りを忘れずに楽しみにすることにします。

ナポリ、美しい開き具合です

寒暖の差で色合いが深まり、昼間の太陽を浴びてちょうどよく開いてくれた気がするナポリ・フォーエバーです。
画像
葉っぱは食べられちゃってます(^_^!)。 何も散布できていないので、あやしいなと感じると葉っぱの裏をのぞき込んでガムテープで幼虫を取っていたのですが、やはり小さなものは見逃してしまって葉の白い穴が増えてしまいました。 今の私のお世話ペースに付き合ってもらってます。 株が元気でいてくれるならゆるい育て方でも許してもらうことに^^。 こちらは逆を向いてもらって、お隣のポエトリー・コルダナと♪
画像
ポエトリーも勢いよく開いています。 今年はバラを増やしていないつもりだったのですが、1品種だけ春に購入していました。 ロマンスグレーです。 先週くらいにニュアンスのある美しさで咲いてくれていたのですが、撮りそこねました! 春はきっと違う表情だろうなぁ。 一年後に秋の素敵なロマンスグレーを撮りますね♪ (なかなか更新しないくせにブログは続けるつもり?)

この秋のミニバラたち♪

何日か経ってしまいましたが、わずかに撮っていたお花を~。 撮りそこねているものの方が多いです! 早々とアルバム作成をあきらめ、こちらの記事に数枚貼ります。 ヴィヴァーチェ。 派手な色になりました。 よく見るとスリップス?
画像
サンゴとパフューマ・コルダナ。 お隣りで色合いよく。
画像
ベラ・オプティマ。 本当はこの前日の何とも言えない黄色の花姿が美しかったです。
画像

きれいです~

5日前の画像ですが、ミニバラのジュリーです。 バックにはスウィート・チャリオットも。
画像
このジュリー、記録を見直してみましたら2003年1月から育てています。 植え替えは数年していないのに(-_-;)、こうやって美しく咲いてくれる素晴らしい品種です。 でも、たしかとっくに生産終了しているんですよね。 大切にできていないけど、大切にしなくちゃ、と思うわけです。 ミニバラって、新品種が出るのは楽しいけれど、突然生産終了してしまう品種があるのは寂しい限りですよね。 前記事のようにお譲り計画をときどきしつつも、「手放していいのか!?」と矛盾を繰り返す私の心です。 お譲り計画といえば、今度はクリスマスローズなのですが、今年の初春に発芽した幼苗に興味のある方はいらっしゃいますでしょうか~? 秋とともに葉が展開してきていてかわいいですよ^^。 原種プルプラセンス×ホワイト系シングルという私のはじめての交配で、現在3号ポットが8つあり、順調にいって2010年春の開花まで見届けたい気持ちはもちろんあるのですが、徐々に鉢増ししていくとなると管理が無理になってきてしまいます。 もし興味のある方がいらっしゃいましたら改めて記事にしますので、コメントを残していただけるとうれしいです。 申し訳ありませんが、お譲りさせていただくのはこれまで一度でもこのブログでコメントのやり取りをさせていただいた方のみでお願いいたしますm(__*)m。

育てて下さる方、いらっしゃいますか~?

↓株の状態が変わってきているので、締め切ります。(9/15)↓
--------------------
日々の生活の中で園芸時間が何だか少なくなっています(・_・;)。 お花たちも最低限ラインで過ごしてもらっている感じです。 思い切って、「育てて下さる方の募集」をいたします。 一鉢一鉢をながめていたら愛着もあるのですが・・・ここは思い切って!
画像 (画像左より) *ミニバラ スウィート・チャリオット 6号鉢に1株植え *ミニバラ チュチュ 6号鉢に2株植え→→→決まりました(9/10)。 *ミニバラ ラブリーモア 5号鉢に2株植え *クレマチス プリンセス・ダイアナ 5号鉢6号鉢 まだ4鉢しか決心がついていません(^_^!)。 こちらのメールフォームよりご連絡いただけるとうれしいです。 (注1)これまでこのブログのコメントで一度以上やり取りしたことのある方に限定させていただきますm(__*)m。まずはハンドルネームとご希望の品種(何種類でも可)をお知らせください。 (注2)メールの先着順で決定、ご連絡させていただきます。 (注3)株はそれぞれたくましさを持っていると思いますが、2年くらい植え替え(土替え)ができていないことと、このところお世話がきちんとできていないことなどを考え、今回は一送付先につき送料1000円までをこちらで負担させていただきたいと思います。超過分は恐れ入りますがご負担ください。(←試行で行っていることですので、ご理解いただけますように。) プリンセス・ダイアナですが、、、 根がこんな風になっています(大汗)。
画像
育ててみたいという思いがあれば是非ご応募ください。 きちんと育てなければという気持ちの負担はなしで^^。 更新していないブログなので、読んでくれる人&育てて下さる人、いらっしゃるかなぁ? よろしくお願いいたします。

夏の花姿

かなり久しぶりの記事作成になってしまいました(汗)。 植物たちちゃんと生きてるの!???って思われるかもしれませんね。 何とかがんばってもらってます。(でも不安な株もあります (-_-;)。) 7月後半くらいからは蕾になりそうなミニバラの膨らみを摘んでいるつもりなのですが、もうここまで大きくなっちゃったから咲いてもらおう!というのもあり、という具合です。
モカフェローズカタルーニャ・フォーエバー
画像画像
カタルーニャ・フォーエバーはもしかしたらアップするのがはじめてかもしれません。 もうずいぶん長く我が家にいるのですが、小さな鉢にまとめ植えでがんばってくれています。 せめてもう少し綺麗に撮ってあげればよいものを、デジカメでお花撮るのも久しぶりで調子つかめず。。。

平年並みの気候になってホッ♪

土曜日から5日間くらい雨と低温が続き、5月のお天気はどこへ!?とウール物を着て過ごしていましたが、ようやくお天気が落ち着きましたね。 こちらは低温のおかげで美しい姿を保っていたミニ(パティオかも)の茶茶です。
画像
お食事中と思われるヒラタアブさんの幼虫を見かけたりもしました。 画像は一応小さくしておきます。(クリックで拡大可)
画像

アプリコットチームが開花

混み混みのベランダではうっとりするような状態の開花とはなりませんでしたが、アプリコットのミニ2種がにぎやかに咲いています。 ラヴィングタッチ(左)とモカフェローズ(右)です。
画像
日照不足で徒長してしまった気はしますが、スウィート・チャリオットの蕾もたくさん待機中。
画像
この株はこちらの記事とは別の株なんです。 好きな品種は複数鉢育てていたりするので、混雑緩和ができないわけですね(^_^!)。 ひっそりと清楚なお花が咲いていました。
画像
ヒューケラを植えている鉢なんですが、たぶんオーニソガラム・ウンベラータムではないかと。 このオーニソガラムを鉢に植えたのは5年くらい前で、一度お花を楽しんだあとは何年もお花を見ていないのです。 草花の植え替えをする時に適当~に作業しておりまして、確かに小球根は一応残しておいてみたりするのですけれど、すごく久しぶりに咲いてくれることってあるんですね!?健気です。

例外でも開花はうれしい

バラ・ミニバラの剪定時期が遅くなり何となくの剪定になってしまった春近い冬でした。 中には冬眠していると思えないものもあり、上がっていた蕾を残しました。 それで、今の時期に咲いているミニバラのスウィート・チャリオットです。
画像
他の品種もいさぎよい剪定ができなかったためか動きが早く、蕾も(ブラインドも(-_-;))目立ってきています。 「今年のバラのトップバッターは♪」という楽しみがなくなってしまった今シーズンですが、お花をながめるとうれしいので、こんな例外開花も自分のペースでしょうか。 ベランダの方はうどんこ病がひろがってきました。さぁ、少しは何とかしないと!

途切れることなくシーズン突入

冬のあいだ、どうにも葉の色の変化なく青々としたままのミニバラがありました。 モカフェローズ(旧カプチーノ)です。 もう休眠なしで行ってしまえ~と思い、室内の陽当たりの良いところに取り込み、冬のあいだもゆっくり時間をかけて1輪ずつ咲いてもらいました。 少し前から気温が高くなり、外にもどして開花したのがこのお花です。
画像 冬のあいだ肥料をあげていなかったためか花弁は少なめですが、お花の大きさはフォーエバー大輪サイズ(^_^!)。 本格的なシーズンに株やお花の状態はどうなるでしょうか、、、!? ミニバラ・バラの手入れが間に合わないまま芽はどんどん動いています(-_-;)。 うどんこ病を持ち越した株があるので、消毒もしなくちゃ。 植え替えしていないのに、バロン・ジロー・ド・ランなどやる気なんですよね←←←我が家ではすごくうどんこ病になりやすいです! 季節の移り変わりに私は置いていかれて、つくづくマルチに物事をこなすことができないタイプだなと思います。 何とか付き合ってくれる植物たちに感謝~♪

その名の通り美しい

アルバムの更新もすっかりサボっておりまして、、、それでも咲いてくれているミニバラを1枚。 ベラ・オプティマです。
画像
ミニバラの樹高にしてはお花が大きすぎる!?とか、少し前までのいわゆるバラの整いすぎている形っぽいとか、そんなことも思いつつ、気品ある雰囲気を楽しんでいます。 *葉っぱに穴(-_-;)は大目に見てください。。。

少しずつミニバラ

秋剪定をするつもりではいたのですが、自分の都合もあり、また残暑の続き方も読めなくて、8月末あたりから最近まで、ある程度大きくなった蕾を残して適当に切りました。 それで、今ちらほらとミニバラが咲いています。
画像
このお花たち、肥料なしで咲いていることになります。 しかも現在は他の枝のために少し置肥を施したり、肥料のタイミングかなり滅茶苦茶です。 こんな気ままなお世話の私のペースですが、それにも適応して咲いてくれるお花たちなので、「その時判断」で育て続けていこうと思います~。 まだ枚数が少ないですが、↑チュチュの画像をクリックするとアルバムが開きます。 右サイドバーからも見に行かれます(「秋のミニバラ2007」)。

素直な表情、ポエトリー

夏の到来がはっきりしないのをいいことに摘蕾も徹底していなくて、そのおかげで水遣り時に「あら、咲いたのね♪」っていうことになっています。
画像
お育ての方はおわかりになるかと思いますが、オンシーズンにはもっとくしゃっとした感じで開くポエトリーが素直にきれいに咲いていました。 奥はボルドー・コルダナです。