春は近づいていると実感

画像 寒くてなかなか園芸作業が進まない日々。。。 しかし冬のあいだ放置していた強剪定のクレマチスの枯れ枝が目に入り、整理しました。 ビチセラ系ホーゲルビーホワイトの新芽(画像)を発見してびっくり。 まだまだ動いていないだろうと思いこんでいたのですが、日が少しずつ長くなってきていたり、ほんの少し最高気温が高い日があったり、植物はしっかり感じているのですねー。 春は少しずつ訪れつつあると感じさせてもらいました。 同じビチセラ系のワレンバーグにも芽を発見。 ホーゲルビーホワイトの黄緑色に対してワレンバーグは赤い新芽。 この調子では4月頃に咲くアーリーセンセイションやモンタナ系も準備を始めているかも。 きちんと見てあげよう。

数日後のワレンバーグ

画像 下向きのままかなり開いていき、シベはこんな感じでした。 (7/13。アップが遅くてスミマセン。) ここまで開くとベル型とは言わないのかもしれませんね。 今後、株が充実するのが楽しみなクレマチスの一つです! まだ少し咲くとは思うのですが、この1輪をながめて本当に楽しみました(^▽^)。
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 16:53Comment(0)TrackBack(0)

きゃぁ、ワレンバーグが咲いたー♪

画像 この春チビ苗で買ったビチセラ系クレマチスのワレンバーグ、はじめてのお花が開きました\(^▽^)/! 紫の面積の広い覆輪と白の組み合わせの花弁(バイカラーと言う方がいいのでしょうか)、うつむいて広がるベル型、興奮しちゃいます。 シベはのぞきこまないと見えないけれど中心部分はうっすらとグリーンも入っていて、これから花弁の色の移り変わりとともに見守ります。 小さな蕾が上がっていてリレーしてくれそうですが、さすがに暑くなってきましたので様子を見つついきたいと思います。 種類が豊富で欲しいと思うと止まらなくなりそうなクレマチス、お世話のことも考えて増やさないように気をつけているのですが、自分の家ではじめて咲くお花をながめるとこの嬉しさをもっと味わいたくなるから困ったものです。

室内からベランダをながめる

画像 ベランダのミニバラたちの4/5は一番花が終わり、まだ咲いている鉢が少なくなってきました。 咲いている鉢を見えやすいところに移動して室内からも見えるようにしたら、今はこんな感じです。 手すりのプランターハンガーにおさまっているミニバラ、フラワースタンドに置いているミニバラ、ただレンガの上に鉢をのせて行灯仕立てにしている白のベル型クレマチス。 普通は高いところにクレマチス、低いところにミニバラですよねー(^o^;、ちょっと計画不足でしたー。 でも、お花が少なくなってきているところで、こんな白とピンクの小花の世界もかわいくながめられているのでヨシとしちゃいます。

クレマチスのアルバムも始めますっ

2年前にチビ苗を購入してなかなか咲かせられなかった2品種が本日そろって開花しました\(^▽^)/。 まずは、ビチセラ系ホーゲルビーホワイト。 昨年は蕾が見えるところまではいったのですが、株が充実していなかったようで蕾が大きくなりませんでした。 しかし今年は春の新芽の展開から勢いがあって、やりました!初開花です。
お花は小輪で花弁がうすくてはかなげな感じなのですが、グリーンの蕾が開いて真っ白のベル型になった姿は見とれてしまいます。 これから控えている蕾たちが続いて咲いていくのが本当に楽しみ☆ そして、テキセンシス系プリンセス・ダイアナ。 こちらの経過は以前書いたことがありました。 こちらも2年かかってはじめてのお花です。
テキセンシス系はこの品種しか持っていないのですが、明るすぎるピンクのお花を選んでしまったなとこの2年思っていました。 でも咲いた姿を見てみるとかわいいのです。 年月のせいもあるでしょうか。 立ち枯れ病のことを考えるとバックアップで挿し木を育てておくのは有効でしたが、全部の品種のバックアップも育てていたら鉢が増えてお世話もできませんー! 今ある株をいい株に育てることに注力するしかないかなー。 新枝咲きも開花をはじめてきたのでクレマチス2005のアルバムを公開しました。 これからも追加していく予定です。 トップページからも見に行けますのでどうぞご覧下さいー♪
佳江さんがテキセンシス系で挿し木できる品種、実生でしか増やせない原種系の品種について教えてくださいました。 ありがとうございます。 (6/23追記。)

新枝咲きもいよいよです

冬は枯れ枝になり、春の地中からの新芽パワーに喜んだ新枝咲きのクレマチスたちもそろそろお花体制になってきたようです。 昨日、色づいた蕾の画像をアップしようと思っていたのに疲れて明日ーと思っていたミケリテ、今日はもう開き始めていました。
この咲き始めの黒っぽい赤が素敵なのです! もちろんシベが開いていって赤色がどんどん変わっていくのも目が離せません。 愛らしいベティー・コーニングが咲いているりぃちゃんの記事にTBします♪ 印象は違うけれどビチセラ系つながりで。

白万重、順調順調♪

画像 蕾で喜んでいた白万重、その後毎日咲き進む様子を楽しませてくれて、お花の中心までしっかり開いてきました。 まだまだ蕾がいっぱいあるので、中心が開いてきたものはカットして花瓶で楽しむことにします。 八重咲きは咲いているのにパワー使いそうですものね。 まりりんさんの白万重も小さい苗ながら咲いてくれるようです(^▽^)v。 そして、ロマンチカがきれいに咲いてますねー。 ずっと気になっている品種ですが、クレマチスも増やさないようにさすがに気をつけてます、と自分に言い聞かせる。。。

白万重のうれしい蕾

画像 弱剪定の加減もわからずにシーズンをむかえた白万重。 蕾がたくさん上がってくれて、それはそれはうれしいのです。 今年の春前に鉢増しをした時、発見してしまったネマトーダっっっ。 放置はできない!と根をあまりいじってはいけないと言われるクレマチスの根を切って植え替えました。 そういえば去年の一時期、生長がピタっと止まっていたんですよねー。 根がダメージを受けていたんですね。 その後、暖かくなって順調につるを伸ばし、今では15個くらいの蕾を数えて喜んでいます。 どのお花も蕾を上げてくれるとうれしいのですが、この白万重はネマトーダが心配だっただけに、元気そうな姿で育ってくれて本当に感謝ー♪

開花を楽しんでます、グランディフローラ

少し開き始めただけでアップしてしまった! モンタナ系グランディフローラが次々と開花していい感じです(^▽^)。 何分咲きくらいでしょうかー?このくらいのお花の分量も好きです。お花だらけよりも葉っぱも見えて、という組み合わせがいいと感じるのです。 しかし、狭いベランダで鉢植えなので、右手後方のシュラブローズ「ポール・アルフ」(こちらも5月に期待の株♪)の葉のわさわさが一緒になった画像です。
お花を近くで見てみると、モンタナ系としては大きめの白いお花です。シベも花弁もだんだんと開いてきて、この組み合わせが最高。 4弁のお花ですと花弁が重ならずに空間があるのが私の好みにグッとせまってきます!

開花待ち遠しく、モンタナ記事アップです

クレマチスのモンタナ系2品種の蕾が日に日に変化して、いつ咲くかもうワクワクしています。 鉢で育てているわりにグランディフローラの花付きがよく、今日は少しだけ開いてるつぼみを発見して一人喜んでおりますので、きちんと開花していないにもかかわらず記事をアップしちゃいます。 4/18の蕾たち。
3日後の本日4/21。わぁー、少し開いてきました。
もうのぞきこんじゃいましたよー。きっと明日の朝も一番に見に行きます。 今度はたくさん開花している画像をお見せできればと思います。

きれいなグリーンの美花、アーリー開花

4/9の記事ですぐにも開きそうに見えたアーリーセンセイション。 寒さが何日ももどったせいもあってかなり時間がかかり、昨日今日で美しい姿を見せてくれました。 4/17。まだグリーンがお花の中心に濃く見られます。
4/18。しっかり開いて花弁が白くなった表情もステキ。
それほど多くのお花にはなっていませんが、このお花をながめていると清らかな気持ちになると同時に、その美しさに静かにコーフンしてしまいます。 来年はもっと花付きをよくするために、施肥と水遣りのタイミングを情報収集してみよう! まりりんさんのクレマチスは、アーリーの他にもいろんなクレマチスの蕾がいっぱい! りぃちゃんは新しくクレマチスブログをつくって、誘引のいろんな工夫なども紹介しています。 (最新記事にTBしておきますー。)

アーリーセンセイション

画像 いつのまにか蕾がゆるんできて、もうすぐお花の姿が見られそうです! 昨年HCで見つけてお花を少し楽しみ、鉢増ししてつるはかなり伸びたけれど、蕾はそれほど多くはなくてちょっとだけ残念。。。 施肥のタイミングとかよくわからなかったんですよねー。 でも、10輪以上は咲いてくれそう。開きかけって期待感が高まって一番楽しいですね♪ まりりんさんのカートマニー・ジョーはすごくたくさん咲いているようです!

3月末、春の動き

どんどんお花たちが春を感じて育ってくれています。 クレマチス、モンタナ系グランディフローラ。 花芽がかわいらしくて毎日の少しずつの生長が楽しいです。
本当は昨年のうちに庭植えをイメージしていたのですが間に合わず、鉢増しして春を迎えました。 今年はやれるかな!? ミントのみんさんのアップルブロッサムは蕾がいっぱい! りぃちゃんのクレマチスコレクションもそれぞれに蕾が上がってきているみたい! 原種チューリップ、ポリクロマ。 あちこち向いてますが、1-4輪の房咲きで開いてきてくれています。 同じく原種のペルシャンパールはやっと蕾が見え始めたところ、遅れをとってます(^o^;。
owlさんの原種チューリップは1球あたり5輪もの房になっているそうです。 ビオラ、ピンクアンティーク。 昨年種まきして育てたのがようやく続けて咲く気になってくれたようです。
2005年春のお花のアルバムをアップしています。 これから咲くチューリップなども追加していく予定です。 (トップページから見に行けます。)

春を感じてがんばるクレマチス

2/24の記事でテキセンシス系のプリンセスダイアナの新芽が育っているのをご紹介しましたが、他の品種も負けていません。 まずはビチセラ系のホーゲルビーホワイト。
きれいな黄緑の新芽が元気に伸びてきています。 この品種は昨年蕾までは上がったのですが、置き場所が悪かったのか開花しなくて残念だったので、今年はこの新芽の勢いでお花もきれいに咲いてくれるよう願ってます。 同じくビチセラ系のミケリテ。
少しゆっくりと芽が展開し始めています。微妙な色で見ていると楽しいっ。 そして、常緑種のアーリーセンセーション。
ピントがぼけてしまいましたが、これは蕾!? うふふ。楽しみだーーー。 パセリのような形の葉っぱに少しエカキムシの害が見られたので、その葉っぱは整理しました。 順調に開花に至りますように☆ すーさんのところには最近ピクシーマクロペタラがやってきたようです。 ivycafeさんの花島の新芽もきれいな緑でかわいいです。 りいちゃんのクレマチスの新芽の数々もとってもイキイキしています。 ミントのみんさんのミヤマハンショウヅルの新芽の形もとっても愛らしいです。 そして、まりりんさんの新芽もかわいいなぁ。

今年は咲いてくれるかな

画像 1階にデジカメを置いていると、私の携帯ではきれいに撮れないとわかっていてもベランダでとりあえず撮ってみる。 クレマチス、プリンセス・ダイアナの新芽が元気でうれしい!実はまだお花に出会えていないのです(3シーズン目…)。
--- --- --- --- --- --- ---
携帯から送ると文字数が限られてしまうので、追記です(^^ゞ。(2/25) このプリンセス・ダイアナ、1年目は小さな苗だったので次の年に期待しつつ、はじめてのクレマチス育ての本を参考に挿し木にトライしてバックアップしました。 そして2年目、もともとの苗が今年は咲いてくれるかな!と思っていたら突然立ち枯れ病に。。。 その時はこんな記事を書いてました。 結局立ち枯れ病の株は処分し、バックアップした方の株にがんばってもらっているところです。 1ヶ月ほど前に鉢増しをしたら、5号鉢の下の方で根がぐるんぐるんまわってました。狭かったのね、ごめんー。 でもクレマチスはあまり根をさわられることを嫌うと読んだ気がしたので、そのぐるんぐるんに伸びた根を少しほぐす程度で鉢増しをし、現在この状態の新芽が育ってくれています。 もし咲いてくれたらすごい喜びになりそうです。 あけさんのクレマチスの新芽は若々しいグリーンできれいです。

花色の変化

画像 先日咲き始めをアップしたビチセラ系クレマチスのミケリテ、咲き進むと深いえんじ色が青味を帯びてきて紫色になっていきます。クレマチスでも、バラでも、クリスマスローズでも、いろいろなお花でも、色の変化って不思議で魅力的です。色や姿が変わっていくことに植物が生きていることを感じられる幸せ。 しかし、お花の色を言葉で表すのって難しいですね。私がたとえよい色の表現を使えたとしても他の人に必ず同じ色が伝わるとは限らないですし、ネット上に画像をアップするのにもいくつか撮った中からお花の色が実物に近いのを主観で選んだりして。結局は実際のお花を見て美しさを感じる、それが一番ということでしょうか♪ GreenThumbさんのテキセンシス系のクレマチス、グレイブタイ・ビューティは元気に咲いていて、暑い時期にも咲き続けてくれるそうです。私の育てているテキセンシス系はどうなるかなぁ、ちょっと順調とは言えなくて残念。

クレマチス---ミケリテ

画像 赤紫の深い色と、ベージュのシベと、花弁のあいだにすき間の空く花形を楽しみに待っていました!わーい、うれしい開花です。 もしかしたら明日の方がシベがもう少し開いていい感じかもしれませんが、待ちきれずにアップです。

白万重、しっかり開きました

画像 開ききるまで咲かせて大丈夫かなと思いつつ、このお花らしさが見たかったのでがんばってもらいました。細かい花弁ですがここまで開くと八重咲きらしいですね。きれいなグリーンが入るお花は好きです。 それにしても、この春購入した春日井園芸センターさんのクレマチスはやはり立派な苗です。この白万重もしっかり開花しましたし、ビチセラ系のミケリテも蕾が順調に育っています。昨年購入したクレマチスはまだ蕾まで至っていないのですから、優れた専門ナーセリーの底力を実感しました。

クレマチスの立ち枯れ病。。。(悲)

昨年から育てているテキセンシス系のプリンセス・ダイアナ、小さい苗だったので昨年はお花を見られず、今年こそと思って枝作りを終えてそろそろ蕾が見られるかなと楽しみにしていました。ところが、数日前からぐったりしてきているのに気付き、もしかしてこれは本で見ていた立ち枯れ病?と様子を見るしかありませんでした。そして今日はもうすっかり葉に水分がいっていない状態になったので、あきらめて株元で切りました。 クレマチスは深植えするので土の中から芽が出てくる可能性もあるそうなので、しばらく水遣りの管理を続けてみます。でも、植え替えの時に鉢の深さに限界があってそれほど深植えできなかったんですよねー。 幸い、昨年この品種は挿し木が成功していて現在つるを伸ばしていますので、こちらも大切に育てます。お花を早く見たいと思うのはやめて株が元気に育ってくれることを願って。

白万重が咲いてきました

画像庭のお花-クレマチス」について テッセンの枝変わりで八重咲きのクレマチス「白万重」が開いてきました。次々咲いてきているのですが、まだ若い株なので咲かせ過ぎないようにしようと思います。 りぃちゃんのテッセンもきれいに咲いていますね。 ももりんさんのとかなり似て見えるけれど、違う品種かな??? 濃い紫色のシベが特徴だから、ももりんさんのは微妙色。。。

「「「庭のお花-クレマチス2」について」について」について

「「庭のお花-クレマチス2」について」について」について こんにちは。写真をほめていただいてうれしいです。あまりテクはないのですが(^^ゞ。 モンタナ系での中では大輪のグランディフローラが今きれいに咲いています。 ももりんさんのお写真のシャクナゲもそうですが、白いお花は見ていると気持ちがすーっとしてきます。 まだ数枚ですが、クレマチスのアルバムも始めました。 http://webryalbum.biglobe.ne.jp/cgi-bin/was?id=100139100426e64aec2aabfee42ffab118c63f430&aid=9168841161462801&fn=ast ビチセラ系は我が家ではホーゲルビーホワイトとミケリテを育てています。うまく開花して画像をアップできるといいのですが。 私の方もももりんさんのBlog楽しみにしています(^-^)v。

白万重の蕾

画像 テッセンの枝変わりの白万重、小さな蕾がかなり見つかり始めました! 苗を購入後にカタログを見直したら「上級者向け」と書いてあったので、大丈夫かなーと思っていたのですが、さすが春日井さんの苗はすばらしいです。 りぃちゃんのテッセンのBlogにトラックバックできるかな? http://ree-miffy.tea-nifty.com/ree/2004/04/post_29.html
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 10:55Comment(0)TrackBack(1)

「「モンタナ系ブロウトンスター」について」について

「モンタナ系ブロウトンスター」について」について ももりんさん、こんばんは。 ももりんさんのモンタナは光を浴びて元気いっぱいですね。 私は昨年すごく小さい苗を買って今年はじめての開花なので、 この時期モンタナ系は春の気持ちをすばらしく盛り上げてくれるのが わかりました(^-^)v。 次は同じくモンタナ系のグランディフローラが咲きそうなので、 またアップ予定です! そして来年はブロウトンスターが八重になるといいなー。 少し前に私がクレマチスのことについてつぶやいてた記事に ももりんさん、コメント残してくださってたんです。 それでWebryBlog内で「花」テーマで検索したらももりんさんの 記事がたくさん出てきて楽しませてもらってました。 これからもどうぞよろしくお願いします♪
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 00:43Comment(0)TrackBack(0)

モンタナ系ブロウトンスター

画像 かわいく、しかし決して派手でないピンクで開いています。和にも合う感じです。 この品種は本来八重咲きなのですが、充実しないと一重になると聞いているので、八重のお花は来年以降に期待!です。お花が終わってからしっかり施肥し、そして高温多湿に弱いモンタナ系なので北側に鉢を移動してお世話する予定です。あー、でもすでに北側も鉢がいっぱいなので、要整理整頓。 お花ともだちのりぃちゃんのママがブロウトンスターをご購入なさったようです(^-^)v。来年の春はお花の画像を見せ合えるわー。 http://ree-miffy.tea-nifty.com/ree/2004/04/post_41.html
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 14:07Comment(0)TrackBack(2)

ブロウトンスターももうすぐ

画像 クレマチスのモンタナ系ブロウトンスター、購入してから1年くらいでしょうか、もうすぐお花に会えそうです。 あー待ち遠しかったこの1年。でも春以外はあんまり面倒みてなかったんです。都合いいな、私。 それでも育ってくれてうれしいー。

まだ続くクレマチスの話

私はモンタナ系を2品種育てていますが、今のところまだ小さくて 行灯仕立ての鉢にしています。 しかし、旧枝咲き(弱剪定)でどんどん大きくなる品種。 来年・再来年には庭に植えようかなーと思ってはいます。 「趣味の園芸フェスティバル」、静岡のクレマチスの展示ブースで モンタナがキレイに咲いていたので、モンタナをあまり大きくしたくない 場合について聞いてみました。 すると、番組のクレマチス特集で教えて下さっている先生がちょうどいらして いろいろと教えてくださいました。 モンタナ系は放っておくと5-6mになって、しかもお花が上部ばかり咲いて しまうようになるので、何本かある枝の半分を株元付近で強剪定する。 そして、翌年は残りの枝を強剪定して株の更新をする。 このことは私が持っているクレマチスの本にも書いてあったので、 もっと枝が伸びた来年以降にやろうと思っていたのですが、 その強剪定の時期についてはわかっていませんでした。 おたずねすると春のお花が終わったすぐあとにやるんだそうです。 そうすると低い位置から出た芽がその年に伸びて、次の年にはまた 咲くそうです。 うかがってよかったー♪やはり素人にとってプロは力強いです。
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 14:06Comment(4)

あきらめないでよかった!!!

画像 引き続きクレマチスの話なんですが、昨年テキセンシス系プリンセスダイアナを 剪定した時に挿し木していたもの、かなーり水やりのみで放っておいてしまい、 ポット上げものびのびになっていました。 でも根っこは生きているかもと植え替えをしました。 しばらくまったく変化なし。昨年の枯れ枝のみ。。。 春になってほとんどの植物が動き出している時期なので、これはもう無理かーと あきらめかけていたところ、 本日新芽を発見しました、(●⌒∇⌒●) わーい、やったー。 元気に伸びていってね。
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 13:46Comment(0)

白万重

画像 展示されていた白万重です。
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 13:37Comment(0)

クレマチスも好きなんですー

画像 昨シーズンにカタログを取り寄せてその美しい写真にうっとりしてしまった クレマチスのナーセリー春日井園芸さん。 結局昨年春日井さんから苗は購入しなかったものの、園芸店で買った何種類かを 育てていて、他にも気になる品種がいくつか…。 銀座松屋で開催している「趣味の園芸フェスティバル」で春日井さんの展示と即売が あると知り、1時間弱しか時間がなかったのですが立ち寄ってしっかりチェック! 探していたビチセラ系ミケリテと八重の白万重を買いました♪ ミケリテはダークレッドの剣弁のお花にベージュのシベが映えてグッとしまる色合い。 白万重はテッセン枝変わりで、ちょっと菊みたい?とも感じていたのですが、 実際のお花はやはり美しくやはり魅力的でした。 小さい苗でもしっかりしているので肥料をあげて管理すれば今年からお花に会えるそうです。 専用肥料も一緒に買いました(^O^)。早くお花に会いたいっっっ。 購入した苗です。 さっそく植え付けましょ。
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 13:32Comment(5)