充実の開花、モカ

モカ2鉢が無事に開花しています。 mocha20210425.jpeg 花弁が多くて、ボタンアイも出現。 mocha20210425_1.jpeg mocha20210425_2.jpeg 植え替え作業をしたのは遅めで、2月後半。 2株を分ける時に、根がすごく絡まっていたので引っ張ってしまったりして 負担があったと思います。 そのわりには順調に来ました。 うまくいった要因かもしれないことは、 ・植え付け直前に1時間ほどバイオゴールドバイタルの希釈液に浸した ・土に、驚くほど根がぐんぐん伸びる素を入れた ・バイオゴールドセレクション薔薇が効いた です。 植え替え時に参考にした動画はこちら↓ ステイホームGW中のミニバラたちの存在は大きいです(⌒∇⌒) ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 20:27Comment(0)

ラヴィングタッチと、モカとスイートチャリオット

ラヴィングタッチのアプリコット色の花弁が少し見えてきました。 この細長い蕾の形は特徴的です。 あっという間に咲いてしまいそう。 A9C6C908-296E-4016-96E4-7FC3B9A2E99B.jpeg モカは購入時の2株植えを2月に分けて、 大きめの株を6号鉢に植えました。 5A7BE603-1384-4F72-9B2E-AEC6E2994F0B.jpeg そして、小さめの方はスイートチャリオットとのミックス植えです。 こちらも6号鉢で、左側がモカ、右側がスイートチャリオット。 なんとか同時に咲いてくれるかな… 08DB49F9-31D8-4027-8F1A-FDAFC5ABCB9E.jpeg ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 06:53Comment(0)

昨年の春以降に増えたミニバラ

2020年春のステイ・ホームをきっかけとしてミニバラ熱が再燃したのですが、 増やしてしまったミニバラを挙げてみると、 パフューマ・コルダーナ アンティーケ・コルダーナ モカ スイートチャリオット セントラルソフィーナ ベンムーン アイムーン 7品種です。 分け植えしたい派なので、作業を経て15鉢になっています! 古株もあるし、新苗も注文しているし、 よほどのことがない限りもう増やせません。 よほど…と付けてしまうあたり意志の弱さが出てますが。 すべてのミニバラを1鉢1株植えにすると大変な数になると考えて、 分けながら少し株間をあけての2株植えも取り入れています。 ↓モカとスイートチャリオットの2株植えです。 同時に開花するといいなぁ。 moka_scha20210316.jpg モカを分けた時に根が絡みすぎていて心配でしたが、 その後元気に芽を出してくれました! 複数の挿し木苗で売られているミニバラを育て続ける方法は 悩ましいですね… そういえば、クリスマスローズ植え替え時の根ほぐし用に ナイロン製たこ焼きピックを100円ショップで買いました。 それをミニバラを分けるのに使ってみたら、 なかなか良い感じでした。 絡んでいる根の部分にピックを挿した状態でやさしく揺らすと、 すこしずつ土が落ちてくれるのです。 これからも活用したいです。 あ、増やさないなら分け植え作業ないのか(笑) 最近使っているものの記録; 花三昧(用土) 赤玉土 マグァンプK中粒 驚くほど根がぐんぐん伸びる素 バイオゴールドバイタル バイオゴールドセレクション薔薇 ベニカXガード粒剤 すべてのアイテムを必ずというわけではなく、 気まぐれです。 流通しているミニバラの多くは品種名がわからない状態です。 名前がわかって愛着を持ってミニバラを育てられるよう、 #ミニバラにラベルを が願いです。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 22:24Comment(2)

根洗いするつもりなかったのに……モカ

ブログがかなり久しぶりになってしまってごめんなさい! 秋から冬にかけて、探していた数品種を迎えられたので、 春の動きが出てきてまたアップできたらと思います。 最近作業したのはモカです。 昨年6月に根鉢を崩さず鉢増しした時の記事はこちら。 挿し木が複数だろうということで、冬に分けて植え直そうという計画を実行に。 なんとこれが、これまで経験した挿し木苗分けの中で最も大変でした!!! 入手した時点で、4号鉢にかなりの枝数、蕾数だったのですが、 その地上部は想像以上にしっかりした根の為せる技だったのかもしれません。 根が複雑に絡まり合っていてまったく分けるのが進まないので、 バケツの水の中に入れてほどこうとしましたが、 水の中でも本当に難しかった…… moka20210219.jpg 立派な2本の挿し木苗だったのですが、 上部の太めの根が下に伸びずに上の方でまわって、 苗2本の根ががっちり抱き合っている状態でした。 もう後戻りもできず、かなり細い根が切れてしまいながらの分離となりました。 根を傷つけないようにというのは心がけてはいたけれど、 ほぼ無理でした。 太めの根が下に伸びなかったのは、入手した時の鉢が4号で小さかったからでしょうか。 お花が終わってからではなく、すぐに鉢増ししたらもう少しマシだった?? いや、ここまで分けにくいならきっと最初からわりと絡まっていたような気がします。 全体のまとまりがいいように束ねて植えられていた感じです。 挿し木苗を分けるかどうかは永遠の課題です… 2本を分離した後は、バイオゴールドバイタル(希釈)に1時間ほどつけて 別々の鉢に植え付けました。 今はただ、無事に回復してのびのび育ってくれることを願っています。 このタイミングで分けなければどんどん分けるのが難しくなっていくと思うので、 経過が順調であれば後悔しないのですが、あぁ心配。 モカのように品種名がわかるように販売されているミニバラは少数です。 愛着を持ってミニバラを育てられるよう、 #ミニバラにラベルを が願いです。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 21:54Comment(4)

育て方を模索中、モカ

5月にわが家にやってきたモカ。 お花が終わったあと、根鉢を崩さずに鉢増ししました。 分けて植えるのはこの時期には困難だと判断。 となると、もっと早くにやさしく鉢増しておけばよかった。 小さめの鉢でしたので。 茶系のバラは秋のお花が楽しみだから生育させたい!と思って、 その後あがってきた蕾はかなり摘んでいました。 でも、気づかずにわりと大きな蕾になっていたものは、 少し咲いてもらおうと思い、かわいいお花に再会。 mocha20200625.jpeg mocha20200627.jpeg さて、ミニバラ育ててる歴がかなり長いのに今さら恥ずかしいのですが、 「あれ? ベーサルシュートの蕾って咲かせていいんだっけ? ピンチするんだっけ?」 と迷ってしまい、ネット検索。 ミニバラの情報ではないけれど、どちらのやり方もあるみたい。 持っているバラの本では、ピンチを勧めています。 こまめに観察して、シュートの先端に蕾が見え始めたタイミングでピンチするとのこと。 シュートの生育を促すため。 上の画像2枚目の左上の方にシュートが伸びているのですが、 蕾が大きくなってきてしまってます。 でも、このまま咲かせるよりは省エネになるか(?)と、 このあとピンチしました。 ミニバラ育てのエキスパートになる日は遠い…… ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 23:43Comment(2)

グラデーションを楽しむ、モカ

友人おすすめのミニバラを私も今月入手して、 その姿に自然と笑みが…。 モカです。 この時期、咲き進みが早いだけに、 複数のお花が咲いていると グラデーションが楽しめます。 IMG_2532.JPG 開きかけの1輪でもグラデーション。 IMG_2533.JPG お花が終わったら植え替えます。 その時、挿し木が複数だと確認できたら分けて植えたい。 でも、ずいぶんと気温が高くなってきたから心配だなぁ。 アンティーケ・コルダーナを分け植えした画像です。 IMG_2517.jpg 先月下旬に購入した時には、 たしか後列中央の鉢にすべて植えられていたんですよね。 条件がいい時に分けて植えれば、 株元に光があたってシュートが出やすくなる気がしています。 でも、条件のいい5月はもうすぐ終わってしまう…。 ミニバラ大好き〜* 花・園芸ブログ・テーマ
ミニバラ大好き〜*
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 18:03Comment(2)