投稿できるかな…

10年経ってました。 園芸をやめてはいなかったけれど、細々と、という感じ。 ところが、ステイホームのおかげで お花に夢中だった時のことを思い出してしまって、 園芸の通販を検索したり、 近所の商店街のお花屋さんの前を通るのが楽しみになったり、 植え替えしたり。 テストで投稿してみます。 FL空蝉です。 IMG_2364.jpg
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 17:46Comment(2)

それでもバラの季節はやってくる

クリスマスローズのお花の記録、4日間で見事に挫折しました。。。 それでもお花を育てている限り、ブログも気まぐれですが続けたいので、また書いてみます。 人間にはどうすることもできない天候不順と、完全に私がさぼった剪定と施肥をも乗り越えて、ペネロープが開花の準備をしてくれています。 この葉っぱの感じも好きなんですよねー。
画像
左側のグリーンのお花はクリスマスローズの有茎種ステルニーです。 あ、一緒に植えてはいません。 ペネロープが鉢植えで、ステルニーが花壇植えなんですが、たまたま接近してました。

ホッとする美しさ~アンブリッジ

みんなに愛されるER、アンブリッジローズです。
画像
一度ブラインドだらけになったのを切り戻して無事に開花しました^^。 これまでに咲いたバラでアップしそびれていたものを貼らせていただきます。 どの品種も撮った後の方が咲きそろって見頃でした~(汗)。 カフェ5/13。
画像
ドルトムント5/13。
画像
ダム・ド・シュノンソー5/19。
画像

やはりバラシーズン♪

5月に入ると咲いてくれましたね。 まずは5/2のバロン・ジロー・ド・ラン。 まだ良いお天気が続いていた頃です。
画像
うどんこ病が出やすいですし既に出ているので薬をと思いつつ、すっかり咲いてしまいました。 いつになったらうどんこ病の出ないバロン様を咲かせてあげられるのでしょうか!? 発色が素晴らしく、白覆輪で立体感が強調され、しかし翌日には紫色っぽく褪色するというとてもダイナミクスの幅のあるお花だと今年も実感しました。 その後雨が続き、クレピュスキュルはすっかり下向き&花弁傷みで終わりかけています。(画像は5/9です。)
画像
画像
こちらは蕾も美しくお花に期待していたので、残念でした。 クレマチス、ミニバラも少しずつ咲いてくれているので、細々と更新するつもりです。
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 23:13Comment(0)TrackBack(0)

何ともかわいい

すっかりご無沙汰してしまいましたm(__*)m。 画像も少ししか撮っていなくて、お世話もほぼ水遣りのみだったのですが、、、それでも春は来ました! 現在はクレマチスの千島ハンショウヅルの蕾がかわいくてかわいくて^^。
画像
放っておいてしまったのがかえって良かったのか、こんなに立派な蕾が上がったのははじめてです。 昨年の様子はこちらの記事の後半にありますが、昨シーズンは画像のまま終わりました。 今年は蕾が7個上がっています。画像に写っているのは5個分ですが↓。
画像
黒っぽい地味な蕾なんですけどね、やさしくなでると感触もかわいく感じます(^^ゞ。 結構しっかりした大きさなので、開花までいくでしょうか~ドキドキです。 この春のバラは昨日開花していました♪ ペネロープです。
画像
実は無剪定で春になってしまったんです。 植物の本来の力に助けられています。 クリスマスローズの記事が途絶えてしまいましたが、2月の記事の画像右の実生の株は3月下旬に無事開花にたどりつきました。
画像
結構たくさん咲いてくれたんですよ。 枯らしてしまった親にそっくりのお花になったのもうれしかったな~。

5月も終わりますね

気候の変動の大きい日々ですが、そんな中でもバラの一番花はピークを過ぎた感じですね。 昨日、雨の合間に花がらを整理しましたら、クレマチスに囲まれるバラ@ウッドアーチボックスという光景になりました。
画像
バラはポールアルフ、クレマチスは白万重、プリンセスダイアナ、ミケリテです。 ↓は5/24の画像です。 このあとポールアルフがよりたくさん咲いていましたが撮りそびれました(^^ゞ。
画像
咲いてくれてありがとう作業もしないといけませんね~。

堂々と、ひっそりと、

例年以上にうどんこ病に悩まされているバロン・ジロー・ド・ランですが、一昨日しっかりと開花していました。 いきなり全開でしたが、堂々たる深紅に白覆輪のお花の姿を見せてくれてうれしくなりました。
画像
2日経過して今は赤がやわらかい色になっています。 いろいろなお花の在り方があるものです。 こちらはクレマチスの千島ハンショウヅル。
画像
昨年より充実したかなと思いますが、黒い小~さな蕾です。 産毛がかわいい^^。 このまま終わりそうな気もしますが、地上部が展開してくれただけでもうれしいです。

中長期課題(・_・!)

この時期、バラ好きのみなさんのブログを拝見しますと美しい蕾や開きかけの画像が見られますね。 しかし、、、我が家のベランダは品種によってかなりうどんこ病が出ています(-_-;)。 気をつけなくてはとわかっていたバロン・ジロー・ド・ランも、葉はもちろんのこと花首~蕾まで出ています。
画像
これでも私にしては薬剤散布したんですけれどね。 2004年から育てているわりに学習能力のない育て主です。 株自体は元気でシュートが2本も育っています。 別の場所に移そうか、薬剤散布をもっと徹底するか、、、また来期に向けて考えなければ! 枯れさえしなければあれこれ試行錯誤するのも育て続ける楽しみと考えて(^_^!)。 次の記事は元気な品種のうっとりするような開花画像にしたいと思います~。

バラの実生

昨年は秋~冬にかけてバラのポールアルフが1輪、また忘れたころに1輪咲いていました。 花がらをそのままにしていましたら、今年に入ってから赤い実になっていました。 一つの実は熟していて3粒の種を、もう一つの実はひからびかけていて1粒の種を含んでいました。 そしてまいてみて。。。
画像
キッチンの窓のところに置いて水切れしないように一応気にしていましたが、5日ほど前でしょうか、ふと気がつくとひょろっと双葉が伸びていました。 少しずつ明るい場所に移していくうちに本葉も出てきました。 どうかこのあとも順調に育ちますように~。 秋の実の収穫ではなかったのであまり期待していませんでしたが、春の力にお世話になっています(^_^!)。

今年のお花は今年のうちに。。。

撮るのもアップするのもすっかりさぼっていましたが、わずかながら撮っていたお花の画像は残しておこう、、、と、久しぶりの記事です(^_^!)。
画像
ドルトムントが11月に咲いてくれていました。 2003年春に種をまいて、秋に咲いてくれたのはこれがはじめてのような気がします。 もっとも、強健なのをいいことに植え替えも鉢増しもその他お世話を怠っています(-_-;)。 秋のミニバラアルバムも何枚かは追加しました。 今年もこんなスローペースのブログにお立ち寄りいただきましてありがとうございました。 これからも続けていきたいと思います~。

先月のお花です、、、

秋のミニバラのアルバムは何とかつくってありますが、バラの方はアルバムをつくるほど咲いても撮ってもいないので、この記事に先月の画像を貼ります。
画像
1輪しか咲いていませんがFLカフェです。 夏のあいだ動きがなくて気にしていましたが、気温が下がってくると葉の展開を始めてお花の姿を見せてくれました。
画像
ERアンブリッジローズです。 夏も咲かせていましたが、秋もたくさんの蕾を上げてくれてホッとしました。

アンブリッジ、3番花

画像
イングリッシュローズに3番花まで咲いてもらったのは実ははじめてかもしれません。 アンブリッジローズです。 さすがに普通のカップ咲きになっていますが、この時期に美しいアプリコット色のお花の姿を見られてうれしいです。 3番花は5つ以上の蕾を2つに減らしたのですが、秋も秋らしいお花が咲いてくれますように。(←欲張り?)

バラをながめに行ってきました

草ぶえの丘に行きたかったなぁと思いつつブログ検索をしていると、まだいろいろ咲いている!ということがわかったのが13時。 すぐに準備して道が混まなければ夕方2時間くらい見られる♪と思って30分後に出かけました。
画像
まだまだ見応えありました^^。 行けてよかったな~。(もう少し計画性があったらなおよかった(^^ゞ。) 久しぶりに東関道を走って家から70km強でした。 アルバムにしました。 アルバムにアップロードすると画像がぼやーっとなってしまう。。。 写し方は下手ですが、もう少しシャープに撮れています!?

玄関側のお花たち

画像 玄関のそばのウッドアーチボックスに誘引したポールアルフやクレマチスが咲いてにぎやかになってきました♪(本日5/21撮影) ポールアルフは冬に枝を減らし過ぎちゃったかなと思ったのですが、たくさんの葉と蕾を展開してくれて、この規模でちょうどよかったと思います。 クレマチスは結構いろんなのを絡めちゃいました~。 ミケリテ、ワレンバーグ、プリンセスダイアナ、白万重が写っていると思います。 隣りの鉢のラ・レーヌ・ヴィクトリアも少し咲いています。 ブログのトップページや各記事の右サイドバーに掲載しているこの春のアルバム、、、アップが追いついていなくてまだ5/8までです(・_・;)。 少しずつでも追加していくつもりですので、よろしかったらときどきご覧ください。

育てているお花がやっぱりいい!?

朝早めにベランダをながめると、クレマチスのホーゲルビーホワイトが咲いていました。 昨年は花芽が出なかったので、続いて咲いていってくれそうな今年の白いお花たちにうれしさを感じ・・・。
画像
なのに私は国際バラとガーデニングショウへ。 展示はとても面白く、よく計画されお世話されたバラいっぱい、花いっぱい、草木いっぱい。
画像
画像
画像
画像には載せていませんが、覚悟していっても人いっぱい!でした。 家に帰ると、計画性がなくて多少の病害虫と共存の植物たちでも何だかかわいくてホッとするのです。 そんなことを何年か続けています。 自分で育てているお花への愛着が確認できるのもいいのかな? 素人は素人の愉しみ方を続けます^^。

楽しみな咲き始め

昨年よりもかなり蕾が増えて、1輪目が開き始めたクレピュスキュル。 黄昏時に撮りました。

嫁がせてヨカッタ

何年か前になぜか父が購入してきたパレードの大苗。 1年半ほど鉢で育てていましたが、どうにも誘引する場所がないので知人に声をかけました。 「是非育てたい」とおっしゃってくださった方がいて、花壇植えにしていただいてから2度目の春でしょうか。
画像
一部を携帯で撮らせていただきました。(大きなサイズ設定で撮ればよかった。。。) もっとたくさん咲いていますし、 これからもまだまだ咲く模様(^-^ )♪ のびのびと育つ環境に移れて良かったね。

FLカフェは大輪&あっという間

この3日間の好天でバラの動きが加速しました。 5/3のカフェです。
画像
こちらの記事の後半で画像をアップした蕾が開花したものですが、10cm超えてました。 しかも一気に咲き進んで、昨日はカットしてミニ花瓶でながめていましたが、褪色も咲き進みもものすごく早い! すでに悲しい姿になっていますが次の蕾から花弁が見えているので、まだまだ楽しみは続きます。 ベランダでキイロテントウさんやヒラタアブさんの成虫・幼虫を見かけるのですが、それを大きく上回ってうどんこ病がかなり酷いです。 水遣りとお花ながめていっぱいいっぱい。 昨日と今日は画像も撮りそこねています(>_<;)。

まだまだこれから!

3-4月が寒かったとはいえ、蕾が見つけられるようになってから開花までが長いじゃない!?ってそれは私の自分勝手な予測でした。。。 かな~り遅れて迷いつつ剪定を行った人に「まだ咲かないの?」と思う資格はありませんね(・_・!)。 元気な蕾をながめられれば幸せ♪ ポール・アルフ(シュラブ)、白万重などです。
画像
陽の当たりにくい花壇周辺では鳴子百合と、お近くのコバノランタナが白い小さなお花チーム。
画像画像
玄関まわりでした。。。(エカキムシ発生中(-_-;)。)

お花に会えるまでもう少し^^

ペネロープ。 早くから房の蕾を上げてくれていた品種です。
画像
カフェ。 副蕾は一つ取ったのですが、もう一つ取る方がいいかな。 お花はあまり大きすぎなくていい、って思って今のところ残しています。
画像
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 11:40Comment(0)TrackBack(0)

バラシーズンの準備

この冬はこれまでで一番作業できなかったシーズンでした(>_<;)。 それでもどうしても気になるもの少しだけを鉢増し、土替えしました。 元気だったもの♪ ポールアルフです。 昨年のシーズン中に土の乾き具合が最も早かったので、1年前にも土替えをしたのですが、今年は鉢増しをしました。 北側・日照不足にも負けず、またまた立派な根っこをながめながら作業できました。 元気になって~と願うもの♪ ミニのルーツです。 もともと強健品種と思っているのですが、昨年ほとんど陽当たりのいい場所に置いてあげなかったせいか、危険度が増してきているのを感じてました。 感じているわりには作業まで時間がかかったのですが。 やはり!!!根が完全に弱々しい状態になってました(-_-;)。 その状態を見て焦って土替えをしたので、こういう時にこそ使おうと買ってあったバイオゴールドの土を使うことも忘れ、バラの土に好きなものを加えるいつもの土で作業してしまいました。。。 ゆっくりでいいので、またあの美しいお花の姿と香りに会いたいです。 ミニバラはシーズン中にも鉢増しはもちろん、分け植えなど強行してしまうかもしれません。 お世話も日々の積み重ねですね(実感)。

秋のミニバラ・バラアルバム

画像 記事を書いていませんでしたが、少しずつ咲いてくれているミニバラとバラのアルバムをアップしています。 右サイドのサムネイルからも見られます。 開花したら画像を加えて行く予定~(^_^!)。 アルバムより、ミニバラのピンクオプティマです。

北側チームのがんばり

今年は北側で育てているバラたちのシュートの育ち方が順調で喜んでいます。 もう10日前の画像になってしまいましたが、ギスレーヌ・ド・フェリゴンドです。
画像
春のお花を咲かせてくれた枝の下の方の葉っぱが全然ないのですが、、、(・_・;)。 クレピュスキュル、ポール・アルフ、ラ・レーヌ・ヴィクトリア、ペネロープなどみんな、来年楽しみなシュートが育っています! そんな中で咲いてくれちゃったお花も。。。 HTのティネケです。 ある程度大きくなってから見つけた蕾のうち一つだけ咲いてもらって、花瓶で咲き進んでしまってからの画像ですが、かなり立派なお花です。
画像 たくましい姿はモダンならではですね~。 実はカイガラムシが付いていて、歯ブラシで落としてあげないといけないのですが、そんなこともおかまいなしで咲いてくれました。 他にも気づかないうちにメアリー・マグダレンとクレピュスキュルが1輪ずつ咲いていましたが、こちらはあっという間の花期間でした。
posted by ゆり@バラで幸せ時間 at 12:18Comment(0)TrackBack(0)

アシナガバチ

水遣りなどをしていますとときどきハチが飛んでいる時があるのですが、こちらから払ったりしなければほとんど攻撃されないハチが多いということで気にしていませんでした。 お花を育て始めるまでは虫が苦手な方だったのですが、今は普通になりました。 さすがに葉っぱや茎から離れないたくさんの足の大きな虫などは出会いたくないのですけれど。 日曜日にふと何かの動線にそって上方向を見てみると、ベランダ軒下(高さ2.5mほど)にアシナガバチの巣を発見してしまいました~。 ブログのお友達のあけさんの記事でちょうど巣を取り除かれたことを読んだばかりでしたので、アシナガバチの巣だというのはすぐにわかりました。 我が家に住んでいるのは大人だけですので、威嚇しないようにすれば共存できる?→益虫としての役割もしてくれていますし、おとなしいハチだそうですし。。。 と、冬まで放置してもいいかな~と思っていたのですが、あけさんにお尋ねしたところ、これから秋に向けてハチは増えるとのこと。 ネットで巣の駆除の方法を検索して、念のために区の保健所にも方法を確認したところ、調べた方法でOKとわかり、やはり巣はまだまだ大きくなってハチも増えると教えていただきました。 ベランダへの出入り口から近いこともあって、巣が大きくなるのを毎日見守るのはさすがに気が重くなりました。 台風接近の夕方でしたが風もなかったので、鉢が密集しているベランダに何とかスペースをつくり、そっと足台を置いて届きそうかシミュレーション。 夜を待って光を当てないようにして、購入してきたゴキブリ用殺虫剤スプレーを噴射しました。 普段の園芸で殺虫剤をほとんど散布しない私は家にあるもので防備(・_・!)。 長袖長ズボンにメガネとマスク、首にはタオルをまき、髪にかかるのを避けたかったのでシャワーキャップまでかぶっちゃいました!!! 翌日、肌に触れないように落下したアシナガバチを片付け、新聞紙を敷いたところに棒でつついて巣を落としました。(ハチが残っていないのを確認してからですね。) そして、新聞紙でくるんだのを踏みつけたあと袋に入れて、本日のゴミ収集で回収されていきました。 がんばって巣をつくろうと働いて害虫も食べてくれることを思うとちょっとかわいそうな思いもありましたが、秋に向けてのバラシーズンにたくさんのハチがもし威嚇するようになったらちょっと困るなぁという判断でした。 巣はよくできていると思うのですが、さすがに凝視するほどの虫好きではないので巣の画像はなしです。 相談にのってくださったあけさん、ありがとうございましたm(_ _*)m。 虫の話が長くなったので気を取り直して、台風が心配された日に1輪ひっそりと咲いてくれていたペネロープを♪ 画像

ワレンバーグの2番花

画像
久しぶりの記事作成(・_・;)、、、ワレンバーグは2番花の姿を見せてくれました。 白に紫の覆輪のお花、6月のお花よりも少しだけ白い部分が多いような気がします。 強剪定後、実は、ひどいことをしてしまいました。 つるが伸びて小さな花芽が育っているようでヨシヨシと思っていたのに、なんと!成長中のつるを窓にはさんでしまったのでした。。。 それでも残った節のところで蕾をたくさんあげてくれてありがとう!!! バラの方はラ・レーヌ・ヴィクトリアが1輪返り咲いてくれたのがうれしかったです。 でも黒点。。。 水遣り時に出会った虫たちです。 ハキリバチさん。
画像
たぶんジャクリーヌ・デュ・プレの葉っぱを切り取ったあと、ポール・アルフの葉の上で休憩中。 トンボさん。
画像